訪問介護と居宅介護の

違いとは?

訪問介護

居宅介護

の違いは、いずれも利用者の居宅(日常住んでいる家)を訪問して介護サービスを提供するものですが、
の制度の違いがあり、利用対象者とサービスの体系が異なります。

利用対象者は65歳以上の第1号被保険者(第2号被保険者にあっては特定疾病等で認定を受けた40歳~64歳の方)で要介護認定を受けた高齢者の方
「訪問介護」とは、介護保険法の介護保険制度による訪問系の介護サービス(指定訪問介護)で、加齢に伴う病気や機能低下に対応して、居宅において自立した日常生活を送れるよう要介護者の居宅を訪問してサービスを提供する、介護保険の代表的な指定居宅サービスです。

利用対象者は18歳以上の身体障害・精神障害・知的障害で障害支援区分1以上と認定された方及び18歳未満のこれに相当する障害児
「居宅介護」とは、障害者総合支援法に基づく障害福祉サービスの一つで、障害の有無に関わりなく基本的人権を享有する個人として日常生活や社会生活を営めるよう、障害者の在宅生活を支援する訪問系の最も基本的な介護サービス(指定居宅介護)です。

相談は全てここで対応できます

お気軽にお問い合わせください

Company information

株式会社

神奈川福祉文化協会


〒222-0033
横浜市港北区新横浜2丁目7番地20

NKY新横浜ビル7階
TEL.045-470-2800
FAX.045-476-9333
# 1.

会社経営理念

【 Let's Live Together 】人生を豊かに共に生きる
# 2.

会社経営方針

健常者も障碍者も共生できる街づくりに貢献できる企業を目指します。
# 3.

介護サービスに大切なこと

その人に今、何が必要なのかを細やかに感じ取れる心と考えます。
-------------  詳しくはこちら  -------------

 法人概要 

法人の沿革

 代表者挨拶 

個人情報保護方針